秘密にしたいパソコンのデータを手軽に隠そう!BitLockerによる暗号化&さらに便利に使うための方法

Windows Tips

パソコンに日々溜まっていくデータですが、個人の趣味嗜好の塊であったり、第三者に見られるのは避けたいデータもあると思います。
突然交通事故とか異世界に飛ばされる時に「ああ、パソコンのデータ…」というネタもありますが、同じような心配をする方も多いのでは?と思います。

データを安全に保存する方法はいくつかあると思いますが、便利なのはBitLockerによる暗号化でしょうか。Windowsに標準で備わっている機能ですし、最近のPCはTPMと呼ばれるセキュリティ機能を提供するハードウェアも搭載されていますので、気軽にBitLockerが利用可能です。

BitLockerを使うには

BitLockerを使うのは簡単で、暗号化したいドライブを選択→【BitLockerを有効にする】を選択するだけです。
BitLockerのパスワードを設定し、パスワードを忘れた場合の回復手段を設定すれば、あとは自動的に暗号化されます。

ドライブを右クリック→BitLockerを有効にするを選択するだけ

BitLockerを設定すると、パスワードを入力しないとドライブにアクセスできなくなりますが、毎回パスワードを入力するのも面倒なので、PCにログインしたら自動的にロックが解除されるようにします。

BitLockerの自動ロック解除

BitLockerの管理を開き(Windowsメニューの検索で「bitlocker」と入力すると楽)、BitLockerで暗号化したドライブを選択して、「自動ロック解除の有効化」をクリックすると自動ロック解除が有効になります。
これで、毎回パスワードを入れなくてもBitLockerの認証が行われます。

BitLocker有効化による速度への影響

BitLockerを有効にすると、ドライブに保存されたデータは暗号化されますので、読み込み・書き込みの際にデータの暗号解除が必要です。
そのため、ドライブのパフォーマンス低下が発生します。

どれくらい差があるのか、BitLocker有効前、有効後それぞれでベンチマークを計測してみました。
使用したのはM.2 SATA SSDとなります。

BitLocker適用前
BitLocker適用後

見ていただくとわかるように、読み込み性能については3~4%程度の微々たる差となっており、通常に使う場合に、体感でわかる差は出ないと思います。
大きく差が付いたのがシーケンシャル書き込みで、これは大量のデータを暗号化する処理がボトルネックになっているように思われます。
ただし、大きな差が付いたのはシーケンシャルのみで、ランダムアクセスではそこまでの顕著な差は確認出来ませんでした。

ベンチマークの結果を見る限りは、BitLockerを有効にしたために大幅なパフォーマンス低下が引き起こる、ということは無いように思います。

Windowsのユーザー権限・パスワード設定

BitLockerは、Windowsの管理者権限を持つユーザーであれば解除可能です。
BitLockerで隠したいデータがあるPCを複数人数で使っているケースは少ないと思いますので、自分以外の管理者ユーザーは無効にしておきましょう。
また、当たり前ですが、ユーザーのパスワードも設定しておく必要があります。

ログインのたびにPIN入力が面倒な場合はWindows Hello顔認証がおすすめ

ユーザーのパスワードを設定するとセキュリティは当然上がりますが、面倒なのがパスワードを設定すると、ログインする度にPINもしくはパスワードを入力する必要がある、ということ。
PINは4桁または6桁の数字ですが、できれば何も入力すること無く、自動的にPCが立ち上がって欲しいんですよね…。

そんなものぐさな方におすすめなのが、Windows Helloの顔認証。
モニターの上にWindows Hello対応のWebカメラを置いておき、モニターに顔を向けるだけで認証が完了します。
ログインがものすごく手軽になるので、これなら10分程度の時間での自動ログアウトを設定しておけば、PCから離れたときでも安心です。

一度使うと便利すぎてやめられないWindows Hello顔認証ですが、赤外線による顔のスキャンが必要なため、Windows Hello顔認証対応のWebカメラが必要です。通常のWebカメラでは使用できませんので注意してください。

Windows Hello顔認証に対応したWebカメラってラインナップが極端に少なく、購入しやすいものは以下のモデルになります。

一番安価なエレコムのUCAM-CF20FBBKでも、フルHDで5,000円以上と、同等スペックのWebカメラと比べると倍以上の金額差がありますので、かなり割高に感じます。
Windows Hello顔認証って、使ってみないと便利さがわからないため、なかなか価格差を訴求しづらく、販売に結びつかないのでラインナップも少ないような気がします。

でも、一度使うと本当に便利なので、Windows Hello顔認証、おすすめです。

CiscoのWebex Desk Cameraについては下記ページでレビューしているので、ご参照ください。
Webカメラとしては最高の画質を誇る、Cisco Webex Desk Camera

BitLocker&Windows Hello顔認証を使って、快適&安全なパソコン生活をお送りください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました